043_コンプラについて考える

コンプライアンスは、「コンプラ」と略されたりして、だいぶ企業に言葉として浸透してきた感があります。
コンプライアンスの一般的な意味は「〇〇遵守」。この〇〇のことを埋められない人はかなりの少数派なのではないかと思われます。
そうです。「法令遵守」です。

それでは、「法令遵守」の反対の意味を表す言葉を漢字四文字でいうと何になるでしょうか?ヒントは「●●違反」です。
そうです、「法令違反」です。でも、さらにこの法令違反を短い言葉で端的にいうことができます。漢字二文字です。何でしょう?


答えは「犯罪」です。刑法の勉強などをすると、犯罪とは、「犯罪構成要件に該当する違法かつ有責な行為」などとよく聞きます。「①犯罪構成要件に該当する、②違法、かつ、③有責な行為」です。
誤解を恐れずに言えば、法律によって義務付けられたり禁止されたりしていることを破るような行為をすると①です。
緊急避難や正当防衛など、違法性を阻却する事由がなければ②です。
刑事未成年であったり、心身耗弱や心神喪失等の状態ではなければ③です。

ところで、これは許されるか。○か×でお答えください。

A. 歩行者用信号(赤)を無視して交差点を渡る[  ]

B. 友人に対して嘘をつく[  ]

C. 会社がお客様に対して嘘をつく[  ]

※本記事に使用したイラストの著作権は「いらすとや」に帰属するものです