044_許される?許されない?

クイズです!
以下の3つの問いに〇×をつけてみるとどのようになりますか?

A. 歩行者用信号(赤)を無視して交差点を渡る[  ]

B. 友人に対して嘘をつく[  ]

C. 会社がお客様に対して嘘をつく[  ]

まず、Aの件。歩行者用信号(赤)を無視して交差点を渡るのは、もちろん許されません。念のため、道路交通法を引用しますと、

(信号機の信号等に従う義務)
第七条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。

道路交通法

と規定されています。法律には、「従わなければならない」とあります。そして、「往来が激しい交差点については」なんて書いていませんよね。真夜中の交差点で、車が1台も走っていなくても、赤信号には「従わなければならない」のです。たったひとりでも。
これが法令遵守ということです。

逆に、
(´-`).。oO(いいや車も走ってないし、誰も見てないから)
って思って、赤信号を渡ってしまったら?
犯罪構成要件に該当します。

もっとも、まさに自らに危害を加えようとする暴漢から逃げるためにやむを得ず、赤信号の交差点に踏み出したりしますと(状況によりけりですが)、違法性が阻却される場合があります。
また、信号を信号とも分からない幼子がたった一人で赤信号わたってしまう場合は(通常真夜中にそんなシチュエーションは考えにくいですが)、有責性がありません、ということになると思われます。

しかし、今回の設問はそのような特殊な前提はありません。
一般的な大人が通常の状況で赤信号をわたった場合を想定しております。
そうであれば、答えは明確。犯罪の成立です。

赤信号を渡る行為は、犯罪行為です。
俗っぽい言い方をしますと、赤信号を渡る行為をする人は、犯罪者です。

「法令違反」なんて言うと若干聞こえがいいかもしれませんので、やめましょうね。「犯罪」です。

繰り返しになりますが、たった一人で、真夜中の交差点で、車が1台も走っていなくても、赤信号に従うことこそが、法令遵守です。

肝に銘じましょう。まず、ここが、ぶれてしまったら、お話になりません。

※本記事に使用したイラストの著作権は「いらすとや」に帰属するものです