040_プライバシーポリシーと免責事項

ブログを運営するにあたって、「プライバシーポリシー」「免責事項」が必要になる場面があると思います。 場合によっては、広告事業者の審査の際に必須とされている場合も。
慌ててネットで検索し、これもまたブログで見つけた雛形をコピペしてブログを公開される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

プライバシーポリシーとは、個人情報の利用目的を明らかにし、取得、利用、提供その他の場面での適切な取り扱いを幅広く宣言するものです。広告収入を目的としたブログでも、閲覧者のCookieを通じて情報を取得したりしますので、個人情報の取り扱いが無縁というケースの方が少ないように思えます。

「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」などの広告サービスや、「Googleアナリティクス」といったアクセス解析ツールを利用するにあたっては、各事業者において指定される文言がプライバシーポリシーに入っていないとだめだよ!というケースもあります。

でも、よく見かけます。ブログの内容とプライバシーポリシーの内容が全く合っておらず、かえって「???」な印象を振りまいている実例を。

また、ブログと貴方を守るための必要な事項を免責事項欄にしっかりと掲載することが大切です。ひとつひとつのブログの情報や個性に着目した事項をきちんと書く必要があります。

こちらもよく残念なものを見かけます。おそらくこれもどこかからコピペしたものなのだと思いますが、判で押したように著作権のことだけ書いてあるようなものが。

せっかくブログで新しい収益源を確保しようとするのであれば、こうした地味な部分もしっかり作りこむことが、信用を与えるうえでとても重要だと思います。

大切なブログ、ほんとうにコピペでよろしいのでしょうか。

※本記事に使用したイラストの著作権は「いらすとや」に帰属するものです

↓せっかくだからちゃんとしたの作ろう!と思ったら

ブログ用プライバシーポリシーと免責事項を作成します